Pitti ①

6月、フィレンツェでは大きい見本市が3つ続きます。

3週目が男性服(Pitti uomo)、4週目が子供服(Pitti Bimbo)、5週目が繊維、生地の見本市(Pitti filati)がありました。

今回は男性服と繊維、生地の見本市のお仕事をさせていただきました。

まず、6月13日から開催された92回目になる男性服の見本市。

毎回この見本市が開催される期間はフィレンツェが一番華やかになるかもしれません。

会場となる駅の近くのFortezza da Bassoでは、イタリアを中心に世界各国からブランドが集まり、男性服、靴、小物などが展示されます。

今回の来場者数は約3万人でした。

とても暑い中、皆さんジャケットを着てビシッと決めてらっしゃる方ばかりです。

ですが、今回はこの主催者側から招待されたデザイナー ” Yoshio Kubo " さんのチームの方々とご一緒させていただきました。

今回のファッションショーのスタッフの方は皆一流の方ばかり。

聞くと奇跡的に皆さんのスケジュールが調整できて、集まることができたんだとか。

なんだか皆さんのパワーがすごくて、そしていつもニコニコしていて楽しそうに仕事をしているのがとても印象的でした。

ショーの様子は、私の写真よりもきっと動画を見ていただいた方がいいと思うので pittimmagine.com にアクセスしてみて見てください。

その会場で5つの大きなオブジェがあるのですが、これはWOWという世界的に活躍されている会社が制作したもの。

(こちらの会社が制作した映像は皆さんどこかで絶対にご覧になっています)

ショーの趣向も変わっていて、始まる前にドリンクが振舞われて、来場者の皆さんがこのオブジェの中に入り写真を撮れるというものでした。

そしてショーの終わりもモデルがまたこの映像のあるオブジェの中に入り、5人のモデルの撮影ができるというものでした。

これには私の周りにいらっしゃったショーを見にいらした方達にも大好評!

皆さんが時間をかけて作られてものが形になっていくのを間近で見れるのはとても幸せでした。

そしてプロの方達のお仕事にも感動しました。