カスタニアッチョ

秋真っ盛り。

市場やスーパーでは胡桃や栗を見かけます。

そして、この時期だいたい11月から2月くらいまでは、栗の粉を使って作るトスカーナのお菓子 ” castagnaccio "の時期でもあります。

レストランやお菓子やさんでも、このお菓子にお目にかかることができます。

材料は、栗の粉、くるみ、松の実、ローズマリー、干しぶどう、お水、オリーブオイル、ほんの少しのお塩です。

こちらのお菓子にはお砂糖は使いません。

ですが、栗の粉を使っているので栗の甘みがほんのり感じられるお菓子になっています。

干しぶどうはお水に浸してから、そしてローズマリーは香りを引き立たせるためにオリーブオイルで熱してから使用します。

栗の粉、お水、オリーブオイル、ほんの少しのお塩を入れて混ぜ、その上にローズマリー、くるみ、松の実、干しぶどうを乗せて180度で約30分オーブンで焼けば出来上がりです。

レストランでドルチェとして食べるときは、一般的なドルチェほど甘くないのでちょっと物足りなさを感じていました。

しかしこれもやはり季節もの。

カスタニアッチョを目にしてしまうと " この季節が来たんだなあ " と思い、思わず手が伸びてしまいます。