リボリータ

言わずと知れたトスカーナの郷土料理。

Ribollita  リボリータ。

この料理の特徴は、トスカーナのお野菜であるカーボロネーロ、トスカーナ州でよく食べるいんげん豆、お塩が入っていないトスカーナのパン、そしてこれもトスカーナの香草のペポリーノを使用することです。

カーボロネーロは10月頃から4月頃のお野菜である為、当然リボリータを作れるのはカーボロネーロの季節と重なります。

こちらがトスカーナのパンです。

パンではイタリアで初めてD.O.P(保護指定原産地呼称)に指定されました。

そしてこちらが香草の pepolino ペポリーノ(ジャコウソウ)です。

自然に生えているもので、 maggiorana(マジョラム) , timo(タイム), origano(オレガノ)に香りも似ています。

作り方は、まずベースにネギか玉ねぎをオリーブオイルで炒めます。

そして刻んだキャベツ、カーボロネーロ、セロリ、にんじん、じゃがいも、ズッキーニ(他の材料と比べて少なめ)を入れ、お塩で味付けして、火が通ってきたら用意した半分の量のいんげん豆を入れます。

全てが馴染んできたら、お水ともう半分の量の漉したいんげん豆を入れます。

パンは1日経って少し乾燥しているトスカーナパンを用意し、そこに塩、胡椒、オリーブオイルをかけ、オーブンに入れトーストします。

そしてトーストしたこのパンを先ほどのスープの中に入れ、約1時間煮込むと出来上がります。

香草のペポリーノもこのパンとスープの中に束ねて一緒に入れて煮込み、煮込み終わったら取り出します。

Ribollita " 再度煮る" という意味からもわかるように、味が馴染んだ2日目の方が美味しいです。

召し上がる直前に、黒胡椒、美味しいオリーブオイルをかけてお召し上がりください。

パン、お豆、お野菜たっぷりのお料理なのでベジタリアンの方にもお勧めです!!