カントゥッチ (cantucci)

こちらトスカーナで一番有名なドルチェはこれかもしれません。

カントゥッチ " cantucci "

アーモンドの入ったちょっと硬めのビスケットです。

今やたくさんの会社がこのお菓子を作っていますが、一番有名なところはここでしょう。

1858年からの老舗で、青い袋でおなじみの " Antonio Mattei " 。

日本にも輸出されています。

このカントゥッチ、biscotti di prato (プラートのビスケット)という言い方もされますが、この " Antonio Mattei " のお店で聞くと、このお店で作ったのはそう呼ばれるけれども(このお店がプラートというフィレンツェからほど近い街にあるんです)一般的にはカントゥッチと呼ぶわよ、とのことでした。

食べる時にはトスカーナのヴィンサントという甘いワインに漬けて食べます。

一般的なワインより度数も高いので、お酒の弱い方はお気をつけて。

レストランでドルチェにこのカントゥッチをオーダーすると、当たり前のようにヴィンサントも付いてきます。このカントゥッチとヴィンサントはセットなんです。(ヴィンサントはまた後日ご紹介させていただきます)

このカントゥッチ、もちろんトラディショナルなものはアーモンド入りですが、最近は様々な会社がたくさんの種類を出しています。

チョコレート、イチジク、アプリコット、ピスタチオ。。

その中で、私のオススメがこのイチジク入りのビスケット!

多分ここ10年くらい、家に置いてない時はなかったんじゃないかしら??と思うくらいぞっこんです。

このお店の方にも展示会等でそのことを伝えると、満足そうな顔をされたことが何度かありました。

このビスケットはしっとりしていて、イチジクがゴロゴロ入っています。

時間に関係なく1つ食べ始めたら大変!!気がつくと1袋、食べきっています。

とっても危険。でも、本当に美味しい。

トスカーナのお菓子って見た目は地味だと思うのですが、料理同様、素朴な味で勝負していると思います!