トスカーナのイカ料理

December 21, 2016

今回ご紹介するお料理はこちらです。

Calamari ripieni alla livornese con piselli

イカの詰め物ピリ辛トマトソース グリンピース添え

 

ソースはトマトソースですが、唐辛子が入っているのでピリ辛です。

メイン料理にピリ辛トマトソースを使用するとき、それはalla livornese (リボルノ風)と表記されます。

リボルノはご存知かもしれませんがトスカーナ地方でもフィレンツェのような内陸ではなく、画家のモディリアーニや作曲家のマスカーニなども生み出しているリグリア海に面する街です。

 

ご紹介するお料理ですが、まずイカの中に詰めるものの準備を。

頭、足、内臓の部分をオリーブオイルにニンニクを入れたフライパンに入れ、塩、胡椒で味付けをし(もしお野菜を入れたい場合はズッキーニやほうれん草を細かく切って入れでも可です)そしてミンチにします。

そこにパルミジャーノチーズと卵の黄身を入れ混ぜます。

 

イカの中にこの材料を詰め小麦粉をつけ、オリーブオイルを熱したフライパンに入れて火を通します。

 

そしてオリーブオイル、にんにく、唐辛子にトマトを加えたリボルノ風のピリ辛トマトソースにこのイカを入れて煮込めば完成です。

 

付け合せにはグリンピースを添えることが多いです。

柔らかく煮るための材料はほんの少しのオリーブオイル、にんにく、お塩、少量のお砂糖、お水です。

 

日本人の方の感想で " イカに詰め物をしているのでイカ飯を思い出す " という方もいらっしゃいました。

トスカーナ料理の中でお魚を使った料理はお肉料理よりも圧倒的に少ない。

そんな中の一皿です。

 

 

 

Please reload

© 2016 by cucina toscana Proudly created with Wix.com