手が止まらなくなる一品

トスカーナ料理ではありませんが、フィレンツェでも食べられている一皿をご紹介します。

" Burro e Acciughe " バターとアンチョビ。

とてもシンプルなお料理ですが、私は大好きです。

普段トスカーナパンをそこまでたくさん食べることはありませんが、この時は別です。

パンを食べる手が止まらなくなってしまいます。

パンをトーストしたものにバターを塗って、その上にアンチョビをのせて食べる。

ただそれだけのシンプルなものなんですが、レストランに行って前菜で見つけると必ずと言っていいほど頼んでしまいます。

アンチョビは塩漬けしてあるものを、塩を綺麗に洗い流してから使用します。

シチリア産、スペイン産のものが良質だと言われています。

トスカーナのパンはお塩が入っていませんし、こちらは基本バターは無塩を使うので、塩気を感じるのはアンチョビからだけです。

火を使わなくて手軽にできる一皿。

是非お試しください。