フィレンツェのカクテル

ここイタリアでは家でも外でもワインを飲む機会がもちろん多いですが、たまにはみんなで外に出かけた時カクテルを飲むこともあります。

カクテルの種類が一体何種類あるのか私にはわかりませんが、フィレンツェ発祥のカクテルがあるのはご存知でしょうか?

その名は " Negroni " です。

このカクテルは、カンパリ、ヴェルモット、ジンで作られます。

1919〜1920年頃にフィレンツェの "Casoni "でバーテンダー Fosco Scarselli がいつもこのカクテルを Cammillo Negroni 伯爵に作っていました。

その後このカクテルはいつも注文する Negroni 伯爵に敬意を込めて "Negroni " と呼ばれるようになったと言われています。

この カクテル発祥の " Casoni " は現在は "Caffè Giocosa " と名前は変わりましたが、クラッシックなNegroni 以外にも様々なNegroni を楽しむことができます。

有名なのは、" Negroni Sbagliato " 直訳すると " 間違った Negroni " .

ジンの代わりにドライスプマンテを入れたものです。アルコール度数が下がってちょっと飲みやすくなると思います。

先日夕食後にお友達とお酒を飲みに行きました。

ワインもすでに飲んでいてお腹もいっぱいだったので、バーテンダーさんに " あまりアルコールがきつくなくて、フルーツを使ったカクテルをお願いできますか? " と言ったら作ってくれたカクテルがこちら!

私の人生の中でこんなにフルーツを使ったカクテルを飲んだことがありません。。。

なので思わず " このカクテルの名前はなんですか? " と尋ねたら、すかさず " フルーツのカクテルだよ、 それ以外の名前はないよ!" という返事が返ってきました。

思った以上のものが出てきて私は大満足!

イタリアでは、様々な場所で注文をするとき " おまかせで!”とか "おすすめで!”とお願いすることがあります。

メニューになくても臨機応変に対応してくれて、そしてそうお願いした時に本領発揮していいものを出してくれることが多いんです。

まあ多少サプライズ的なこともあるとは思いますが、是非 " おまかせで!” と一度注文してみてください。

想像以上にいいものが出てくる可能性大!ですよ。