ポルチーニ料理

今年は雨が降らなかった影響で、トスカーナ産のポルチーニキノコを見つけるのは至難の技。

ここ最近からやっと見かけるようになりました。

なんとかトスカーナ産を見つけてもらい美味しい料理にしてもらいました。

以前記載しましたが、ポルチーニ料理に香草のニピテッラは欠かせません。

すべての料理に使用します。

まずは前菜に、カナッペ。

生のポルチーニを薄く切って、塩、オリーブオイル、レモン少々で和えたものをトーストしたトスカーナパンにのせたシンプルなもの。

生のポルチーニを食べるには当然新鮮なものでなければなりません。

もちろんオリーブオイルも美味しいものを!

そしてパスタ。

ポルチーニ茸のタリアテッレ。これは定番ですね。

ポルチーニのソースはシンプルに、ニンニク、オリーブオイル、塩のみ。

そしてパスタにチーズはかけません。キノコがデリケートなのでポルチーニキノコの味をそのまま味わうためには是非チーズなしで召し上がってください。

こちらはスープです。

スープを作る時に使用するポルチーニは、熟れたものを。

細かく切ったポルチーニをパスタのソースを作る要領で調理した後、少しブロードを足すと出来上がります。

デコレーションに生のポルチーニとニピテッラを添えて。

メインコース。

写真に出ているのは、グリルとフライです。

このグリルはニンニク、オリーブオイル、お塩を使って調理したものです。

フライは小麦粉とお水のみの使用でシンプルに。

グリルしたものはお肉の上にのせて、お肉と一緒に召し上がってください。

これは本当に最高!今思い出しただけでも、また食べたくなります。

もうすぐポルチーニの季節が終わってしまう。

あと何回食べれるかな?